海が見える温泉で心癒される時間

私は、海が見える温泉がとても好きだ。
もともとかなりの温泉ファンなのだが、中でも海が見える宿で過ごす時間に幸せを感じる。
私たち夫婦は、特別物欲も無ければ何に対してもこだわらない方である。


月々に入ってくるお給料は、もっぱらこういった旅行などに使うことが多いのだ。
その部分は価値観が同じで良かったと思う。
今までに秘湯と呼ばれる古い温泉にも入ったし、豪華な料理が有名な宿にも宿泊した。
長い歴史があって、泊まった人にハッピーをもたらしてくれるという謳い文句に魅かれて利用したこともあるし、ミステリアスな体験ができると聞いて期待して足を運んだ温泉宿もある。

でも、色々な宿を利用して思うのは、やはり海が見えるところが私は一番癒されると言うこと。
露天風呂からカモメが飛び回る姿や、海を行きかう船を眺められる粋なホテルもあった。
そしてこういったちょっと高価な宿泊施設では、大抵アワビを出してくれる。
滅多に食べることなどないから、それもまた私たちを嬉しくさせてくれるのだ。

どうしてだろうか、ただぼんやり海を見ているだけでもとても穏やかな気持ちになれる。
浄化作用がある聞くこともあるのだが、もしかしたらこういうことを言っているのだろうか。
それとも、豪華な海鮮料理を食べることでお腹を満たし、満足感が人を優しくさせるのかもしれない。
潮風を感じながら、また海を眺めながらお湯を満喫したい。

せっかくだから、天気の良い日に行こう。
そう言えば、ここ数年は温泉に行っていない。
なんだかんだと忙しかったからである。
今度はアワビもフカヒレも無くて良いから、良い湯にゆっくりと浸かりに行ってみようか。

»