独身と既婚者のライフスタイルの変化

結婚するのが遅かった私は、
将来自分が一生孤独なのではないかと、
心の中ではいつもビクビク不安に思っていました。

親しい友人は、ほぼ全員と言ってもいいほど、
結婚していましたし、
バツイチの人もいましたが、

お子さんが居て、大変ながらも子育てが生き甲斐となっていて、
守るものがあって羨ましいなと思っていました。

でも、生活に追われている友人から見ると、
私みたいに気軽に色々な人とデートや合コンをしたり、
友人や母と定期的に海外旅行したりというのは、
既婚者やバツイチさんには絶対に手の届かないものなので、
かなり羨ましく思えたそうです。
単純にお互い無いものねだりなんですよね。

そんな私も結婚して、
だいぶ生活が変わりましたが、
他人を羨ましがったりすることは、
ほぼありません。

結婚が遅かった分、
だいぶ相手を厳選して選んだ賜物ではないでしょうか(笑)

たしかに家事という大役が回ってきたので、
自分の時間はかなり減りました。
独身時代は好きな作家が新刊を出すと、
買ってすぐに読破してましたが、
まず本を読む時間がありません。

結婚してもう2年になりますが、
1冊も読んでいないのです。
時間を作ろうと思えば作れるのですが、
私もフルタイムで働いているので、
時間に余裕があるのなら、
少しでも家事に時間を割いてしまうのです。

それは休日も同じです。
平日手が回らない部分を、
主人と分担して行っています。

結婚すると子供が居なくても、
なんだかんだで日々忙しくなるものなんですね。

生活のスタンスは大幅に変わりましたが、
独身時代と変わらず楽しい毎日を送っていることは、
自分の人生は上手くいってると思って良いのかなと思います。

«
»