学校に行く理由は何?

先日、テレビ番組でどうして小学校や中学校には行かなくてはいけないんだろうっていう話題を取り上げられていました。
私が子どものころは、そんなことを考えてはいませんでした。

学校にどうして自分が行っているんだろうなんて考えたことは一度もなかったし、学校がイヤだなんて思ったこともありませんでした。
もちろん、勉強が好きだったわけではないのですが、友達と一緒にすごす時間はすごく楽しかったし、勉強でも楽しいものもありました。

学校が楽しいかどうかは、先生にも関係がありますよね。
どんな勉強でも子供が興味をもてるようにお話をしてくれる先生だと、好奇心をそそられてもっともっと知りたいと思いますよね。

逆にまったく興味をもてる話をしてくれない先生だと本当は好奇心があってもなんとなくその先を学びたいと思ってしまうものですよね。

本当に人って不思議なもので勉強しなさいっていわれると勉強なんて大嫌いだとおもうのに、大人になって自分が興味があるものは自ら学習したいと思うんですよね。

私の場合もそうでした。
学校のお勉強はぜんぜん好きではなかったけれど、語学の勉強はとっても好きで、とくに洋楽を聞きながら英語の学習をするのはとっても楽しかったので、楽しく学んだことはしっかり身につくものですよね。

だから今、どうして学校に行かないといけないんだろうって思っている子供たちも、自分が興味をもって学びたいと思ったら自然に学習するものだと思うので、見守ってあげるのが一番ですよね。

«
»