お気に入りの財布は変えられない

私は二つ折のお財布が好きです。
今、使っているのは某海外有名ブランドの物で、
モノグラムと呼ばれるタイプのデザインです。

このお財布を初めて使い始めたのは、
私が二十歳くらいの時です。
当時、付き合っていた彼氏に、
誕生日プレゼントとしてもらいました。

今の時代とは違って、
学生で有名ブランドのバッグや財布を持っている人なんて、
ほとんどいない時代でした。
なので、すごく嬉しかったのを覚えています。

これが運命の出会いで、
手が人より小さい私にはとても使い勝手がよく、
この財布を丸10年使いました。

やはりポケット部分や縫製がほつれてきたりはしましたが、
ブランド品というのは名前だけではなく、
本当に品質が良いのだなと実感しました。

使いやすさもあり、
とってもお気に入りの財布だったのですが、
さすがに10年使って劣化が見られてきたので、
新しい財布に変えようと一念発起。

前々から買い替えは考えていたのですが、
正直ブランド品は高いじゃないですか。
そんなとき、初めてやった競馬で大当たりしまして(笑)

「これを逃すと機会が無くなる!!」と思い、
色々と有名ブランドショップ巡りをしたり、
ネットで探してみたりしたのですが、
以前使っていたブランドの丈夫さを知っている私としては、
やはり同じブランドの物を選んでしまいました。

ただ、形だけは変えようかなと思い、
ショップで長財布だったり、チャック付だったり、
関係ないのにマネークリップまで見たりしたのですが、
これまた形も同じものに(笑)

色合いは同じですが、デザインは違うものにして、
ほんの少し気分転換することにしました。

«