美味しい食事が生活の中心にある

私の毎日の中心にあるのは、やはり食事だと思います。
朝食に始まって、昼食は仕事先でお弁当を食べることが多くて、そして帰ってきてからの夕食。
どれもとても大切にしています。

ある国では、挨拶代わりに「ご飯食べた?」って聞くと言います。
食事が満足にできて人生が豊かになるのですから、食べることは何よりも大切だということなんでしょうね。

私も同じように思っています。
自分が食べるものによって自分自身が作られているのですから、きちんと材料から見極めて美味しく楽しく食事ができるように心がけたいと思っているのです。

だから、夕食に限らず、朝食もお昼のお弁当も丁寧に作っています。
もちろん、毎日全部を一から作るのは大変だから、作り置きできるものも上手に利用しています。

我が家ではひじきの煮物を大量に作っておいて作り置きしていたり、なますもよく作ります。
なますは、大根やかぶ、ニンジンなどその時にあるものを使って作るのでいつも違う味になって楽しいです。

ほかにもいろいろな野菜でナムルを作っておくなどしておくと、朝食にもさっと出せるし、おべんとうにも入れられるので本当に便利です。

上手に作り置きおかずなども取り入れて、野菜たっぷりのバランスの良い食事をして、体の中から健康で幸せになれるように心がけることが、私の生活にとっての一番大切なことなっています。

家族みんなが幸せな毎日が送れるように、美味しいものを作っていきたいと思っています。

«
»