新築戸建はコストがかかる

昨年末、ついに念願のマイホームを購入しました。
特に消費税増税を意識した訳ではありません。
たまたま、タイミングが重なったのです。

今までは築30年くらいの、
2LDKオンボロアパートに住んでいたので、

光熱費を安く抑えられていたのですが、
今月初めての請求が来て、
その金額を見て騒然としました。

ガス代が冬で見ると、
アパートの約3倍になったのです。
ちなみに電気代も3倍です。
水道代はまだ来ていないので分からないのですが・・・。

家計に対してはシビアな私だったので、
家を建てる計画が始まったのと同時に、
毎月のやりくりや今後の返済計画に関して、
何度もシュミレーションを繰り返し、
毎月最低でも○○円は貯金できるから、
一年で○○円、○年後には○○円貯まっている!

などと、綿密な予定を立てていたのに、
一気に吹き飛びました(泣)
当然、私のリサーチ不足なのですが、
これには私も主人も相当ショックで、
ちょっと暖房費を見直そうという話になりました。

もちろん住んでいる地域や、
家の暖房設備によって違いはあるとは思いますが、
ここまでコストがかかるとは・・・。

戸建に住むということは、
気軽なマンション暮らしとは、
だいぶ違う物なんですね。

問題はセントラルヒーティングにあると思います。
冬期間は循環液が冷え切らないように、
常に電源を入れておかないといけません。

24時間暖房と聞くと、
とても良いイメージですが、
実際良い家にはコストは付き物だと言うことです。

これは、ちょっと人生設計を揺るがす大事件です。
18年ローンで組んだこの家を、
10年で完済するのが私の野望だったので、
なにか節約に関して新たなことを勉強しないと。

«
»