パソコンが気が付くと書斎にあった

私が子どもの頃、パソコンなんてものがあるなんてことも知らなくて、いつのころからか父の書斎にパソコンが置かれるようになりました。
本当に何歳のころだったかさえ覚えていませんが、このテレビみたいなものは何だろうって思っていました。

それから、あっという間にいろいろな技術が進歩して、今では小学生までパソコンを使いこなす様になっている現代。
私が子どものころの生活とはぜんぜん違っているんだなぁって思っています。

そういえば、私が学生時代には携帯電話も一部の人しかもっていなくって、待ち合わせは時間ぴったりに行くのが当たり前でした。
でも、今は誰もが携帯電話をもっている世の中なので、友達との待ち合わせも何時ぐらいとあいまいで、あとは近くのカフェで待っているとか、お店を見ているから連絡して、なんていうことが多いですよね。

とっても便利になったなぁって思います。
だから、家庭に電話が無い人も多いんですよね。
そうなってくると親は子供がどんな友達と付き合っているのかもわからなくなってきますね。

私が学生のころは友達に電話するときもちょっと緊張したものですが、今はそんな緊張も無いんですね。

ITのおかげで便利になっている世の中で取り残されないように、自分も一生懸命新しい技術を理解していかないといけないですね。

でも、こんなIT社会についていけない人たちのことも考えて世の中が多様化していくことが一番理想的ですよね。

«
»