人前で何かを披露する練習

小学生の頃、
学習発表会という、ものすごく嫌な行事がありました。
あの行事大好きだった人って居るのかな。
1年生から6年生まで毎年あったはずだけど、
どんなことやったかなんて、
覚えているのはごくわずかです。

私が小学生の時は、まだ児童数が多い時代で、
1クラス40人前後で、
各学年4クラスずつありました。

そして1クラスを3グループに分けて、
劇・音楽・ダンスに分かれ、
学年全体で行っていた。

どういう経緯で決まっていったのか覚えていないですが、
1年生の時に「桃太郎」の劇に出た記憶があります。
ただ、役者として出たのではなく、
場面展開の時に出てきて一言・二言話す、
ナレーター的なものをやりました。

その他の記憶と言えば、
和太鼓を叩いたこと。
私の通っていた小学校では、
「○○(学校名)太鼓」という物があり、
代々必ず学習発表会で○年生が叩くことになっていました。

残りの4年間分に関しては、
すべて音楽に参加していました。
私は小学校1年生の頃から、
ピアノ教室に通ってはいたのですが、
本当に行きたくないのに無理やり親に行かされていたので、
まったく上達せず、
楽譜を見ても教室で習った曲しか弾けないという、
ダメダメな生徒でした。

それでも周りから見たら、習い事に通っているというだけで、
「ピアノ習っているなら、ピアノ○○にやってもらおう。」という、
ムードが否が応でも高まってしまう。

それを先導するのがよりによって、
教師なのです。
それがとにかく嫌で仕方なかったという記憶だけは、
しっかり残っています。

結局その役は、私よりもはるかにピアノが上手な子が、
いつも弾くことになり、
私は木琴で収まり何とか終えることが出来ていました。

今でもそういう行事ってあるのかな。
学校は勉強だけでなく、集団生活や社会生活を学ぶところだけど、
やりたくないことや、苦手なことを人前でやらせるのは、
どうなのかなって今でも思います。

«
»